会員専用ログイン

官能検査システム化研究会

研究会設置の趣旨

実装の各要素技術分野では目視検査など、多くの人手によるチェック工程が潜在し、品質、生産効率、および信頼性等の面で大きな課題となっており、官能検査の自動化とシステム化のニーズが高まっている。

実装の各要素技術分野では目視検査など、多くの人手によるチェック工程が潜在し、品質、生産効率、および信頼性等の面で大きな課題となっており、官能検査の自動化とシステム化のニーズが高まっている。
さらに、取引関係やグローバル展開の面では、客観的な評価法の整備が重要になっている。

そこで、本研究会では、実装及び関連の各技術分野における官能検査の自動化・システム化課題について、技術面での情報交換、人材交流など、幅広い議論を進める。
なお、本研究会活動の中からめっき外観検査課題など、評価法としての基準作成の必要が生じた場合には、工業会等に協力して検討を進める。

官能検査システム

活動計画

1)
公開研究会形式で、企業及び大学等から官能検査自動化とシステム化課題に関わる技術者、研究者等を招へいして、公開勉強会、パネルディスカッション、展示等を行い、活発な情報交換、意見交換、及び人材交流を行う。
2)
7月と1月に公開研究会を開催予定。
3)
上記の公開研究会の他、メイル審議形式も含めて、研究会活動及び計画等に関する委員会を随時開催予定。
4)
他の研究会(産総研・インスベクション技術研究会)と協賛を予定。
【連絡先】
主査:
野中一洋(産業技術総合研究所)
k.nonaka(at)aist.go.jp
Eメールアドレスの(at)は@に置き換えてください。
幹事:
重森清史、古賀淑哲(産業技術総合研究所)

公開研究会の開催

詳細はイベントカレンダーをご覧ください。

過去の開催についてはこちら(旧WEBサイト)

入会はこちら

お問い合せ

技術委員会・研究会

入会はこちら

お問い合せ