会員専用ログイン

ヘルスケアデバイス実装技術研究会

研究会設置の趣旨

ヘルスケア関連機器・装置は、最近の健康志向の影響を受け、新規開発が急速に進んでいるが、例えば、生体親和性に優れたセンシングデバイスにより人体の細胞レベルから微弱な生体情報を感知して、確実に素早く分析・処理するようなデバイス・システムの実現が期待されている。

また、血圧計、体組成計を始めとするヘルスケア機器においては、ウェアラブル化に向けて小型・軽量・低コスト化等が課題となっている。また、これらの機器で測定された健康情報を主治医やサービス会社等が情報ネットワークを通して収集・蓄積・統計処理を行い、健康を遠隔管理する技術の実用化も進んでいる。さらに、最近はウェアラブルな電子機器の進歩が著しく、健康・医療機器と合わせて、人にやさしいエルゴノミクスの観点からの開発も望まれている。

このような状況の中、形状や素材の硬さを含めた生体親和性や、生体近くに存在するデバイス故の高い安全性、あるいは生体環境に対する耐久性といったヘルスケアデバイス特有の実装技術の課題も顕在化しつつある。

本研究会は、要素技術をベースにした実装技術委員会・その傘下の研究会を、横断するアプリケーション(川下分野) ベースの研究会として、ヘルスケアデバイスに関わる実装技術、具体的には、生体適合性・安全性・耐久性、洗浄(洗濯)耐久性、生体への設置・装着方法、大面積、フレキシブル、無線化、自立電源化等などに関わる実装関連技術に関して、調査・検討を行うことができる場を提供することを目的とする。

このため、本研究会では、学会会員を主対象として研究会を開催して、新技術を紹介するとともに、革新的新規技術に結びつくヘルスケアデバイス実装関連技術について、関連団体や関連企業と連携して、各種調査研究活動を行い、新技術の方向性・指針を探ることにより関連研究及び関連工業技術の活性化に寄与する。

活動内容

1)
エレクトロニクス実装学会の会員を主対象とした公開研究会等を年2~3回開催する。
2)
将来のヘルスケアデバイス実装技術に関し、関連研究団体や関連企業と協力して調査研究活動を行い、上記技術分野の方向性を探る。
【連絡先】
主査:
近藤 雄 (オリンパス株式会社)
yu1_kondo(at)ot.olympus.co.jp
幹事:
伊藤 寿浩 (東京大学)
toshihiro-itoh(at)k.u-tokyo.ac.jp
藤森 紀幸 (オリンパス株式会社)
no_fujimori(at)ot.olympus.co.jp
※メール送信時は(at)をアットマークにしてください

公開研究会の開催など

詳細はイベントカレンダーをご覧ください。

過去の開催についてはこちら(旧WEBサイト)

入会はこちら

お問い合せ

技術委員会・研究会

入会はこちら

お問い合せ