(TC31)官能検査システム化研究会 第13回公開研究会(2020年1月21日13:30~於回路会館)


官能検査システム化研究会 第13回公開研究会

AIST製造技術イノベーション協議会 インスペクション技術研究会協賛

官能検査システム化研究会

◆開催趣旨

本研究会では、実装及び関連の各技術分野における官能検査の自動化・システム化課題について、最新技術の発信、情報交換、および人材交流などを目的として活動しています。

今回は、「検査に取り組む最新テクノロジー(画像技術からAIまで)」をテーマとして、下記の要領で公開研究会を開催します。講演会終了後には交流会(無料)も予定しています。
皆さまの積極的なご参加をお待ちしております。

開催概要(クリックすると非表示にできます。再度クリックすると表示されます)
開催日時 2020年1月21日 13:30~17:05
会  場 回路会館 地下会議室
JR中央線西荻窪駅下車徒歩約7分
〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-12-2  TEL.03-5310-2010
アクセス
テーマ 「検査に取り組む最新テクノロジー(画像技術からAIまで)」
プログラム

○13:00 受付開始

○13:30 開会挨拶(主査 野中一洋(産総研))

○13:35~14:15
 「外観検査に用いられる透視投影画像の自動生成機構の研究」
  立命館大学 石井 明
要旨:人の視覚系に現れる透視投影画像の自動生成技術は、産業製品の目視検査を自動化する上で重要であり、また自動検査装置のほか、生産性向上のための目視検査と自動検査の協働方式を実現する上でも有用である。機構開発の事例を紹介する。

○14:15~14:55
 「ディープラーニング搭載画像認識システムAI Inspector~AIを外観検査や異物検査に用いるコツ~」
  株式会社トラスト・テクノロジー 山本隆一郎
要旨:ディープラーニングは人が目で見分けるのと近い感覚で画像分類が行えるため、目視検査の自動化を実現することができます。
本公演では、いち早く産業界にディープラーニング技術を展開している当社の視点で、AIを産業向け検査に用いるコツを解説いたします。

○14:55~15:35
 「トリリオンセンシングにおける画像計測を利用した欠陥検出・評価技術の開発(仮)」
  産総研 坂田義太朗
要旨:年間1兆個(トリリオン)のセンサの使用による大規模ネットワークの構築を目指すIoT社会の中で、重要とされているセンシングについて、本講演では、トリリオンセンサの世界観について紹介するとともに、画像計測技術を利用した検査技術およびSMART VISUALIZATIONに向けた検査技術について報告する。

(15:35~15:45 休憩)

○15:45~16:25
 「高感度分光法を用いた非接触のインフラ劣化診断」
  産総研 渡部 愛理
要旨:コンクリート構造物の点検では目視や破壊検査が主流だが、安全面やコスト削減の観点から交通規制や人の近接を不要とする方法が求められている。塩害の測定を例に挙げ、非破壊で劣化状態を診断する高感度分光技術を紹介する。

○16:25~17:05
 「配線板パターン検査装置適用における課題と効果」
  日本大学 原 靖彦
要旨:配線板製造工程においては種々の外観検査装置が用いられている。
しかし検査装置を適用した際の課題や効果については殆ど外部に公表されない。
本報告ではプリント配線板パターンの外観検査装置について方式を簡潔にまとめた。
次に検査装置運用における課題、検査装置の欠陥検出能力、検査装置適用の効果について公開された文献を基にまとめた。

○17:05 閉会挨拶

○17:15~18:15 技術交流会

※プログラムは変更になることがあります。ご了承ください。

定  員 100名(先着申込順 定員になり次第締め切ります)
〈参加申し込みは当日まで受け付けますが、予稿集などの準備の関係上、事前登録にご協力をお願いします。〉
参加者の皆様にはご名刺を頂戴いたしますので、ご用意ください。ご名刺がない場合には、ご記帳いただきます。
参 加 費 (予稿集代込み、消費税込み) 

正会員: 5,000円
学生会員: 無料
シニア会員: 1,000円
名誉会員: 無料
賛助会員の社員: 6,000円
非会員一般: 10,000円
非会員学生: 1,000円

※学生の方は、学生証を受付で提示してください。
注1)参加費は当日受付で徴収します。つり銭の無いようご準備をお願いします。
注2)賛助会員クーポンのご利用はできません。
注3)交流会参加は無料ですが、準備の都合上、出欠予定を所定欄にご記入ください。

問い合わせ先 エレクトロニクス実装学会 事務局
E-mail:ase\jiep.or.jp
(メールアドレスは\を@に置き換えてください)

官能検査システム化研究会 公開研究会 参加申込みフォーム

注意事項

  • 掲題の参加申込みフォームです
  • 複数人にて応募する場合は1件ずつ登録ください
  • 定員になり次第、応募を締め切ります
  • (必須)は必須項目です。入力しないと送信できません

* メールアドレス入力ミスで、返信(受付完了)メールが不達になることが頻発しています。
  入力後の再確認をお願いいたします。

  1. 参加者情報
  2. 申込内容
  3. お支払い

参加者情報の入力


氏名必須
カナ氏名必須
学校/会社必須
部署名
電話番号必須
メールアドレス必須
(確認用)メールアドレス必須
※上記と同じメールアドレスを入力ください
  1. 参加者情報
  2. 申込内容
  3. お支払い

申込内容の選択(参加資格・交流会等)


参加資格必須

※この機に当学会に入会される方は、入会申込のページ
から手続きの上、会員料金で申込みください。
会員番号欄には「入会手続き中」とお書きください。
会員番号
注:会員で申し込んだ方は必須です。
この機に当学会に入会される方は、会員番号欄には
「入会手続き中」とお書きください。
技術交流会必須
  1. 参加者情報
  2. 申込内容
  3. お支払い

支払い方法・書類について

支払い方法 当日現金支払い
※参加費は当日会場受付にて、現金にてお支払い願います。
釣り銭のないようご用意願います
書類に関する連絡事項がありましたら、備考欄に記載ください。

その他


備考
※連絡事項等ありましたらご記入ください

※送信ボタンをクリックすると確認画面表示なしに送信されます。入力項目に誤りが無いかご確認のうえ下記のボックスにチェックをしてください

内容を確認しました。




※[送信]をクリックすると申し込みが完了し、ご入力いただいたメールアドレスに確認メールが送信されます。
 送信完了画面が表示されるまで、少し時間がかかります。そのままお待ちください。
 受付完了のメール文をプリントアウトして当日お持ちください。

PAGETOP
Copyright © エレクトロニクス実装学会 All Rights Reserved.