(TC17)カーエレクトロニクス研究会「2018年度 第2回 公開研究会」(2018年12月05日13:30~於回路会館)


カーエレクトロニクス研究会 2018年度第2回公開研究会『自動車の電動化:制御システムの動向とEV開発事例』

カーエレクトロニクス研究会

◆開催趣旨

カーエレクトロニクス研究会では、下記の通り2018年度第2回公開研究会を開催致します。第1回研究会に引き続き、自動車の電動化について取り上げます。
今回は電動化に向けた制御システムの動向と電池の市場動向及びEV開発の事例としてワイヤレス給電EV走行について取り上げます。実装技術視点から電動化システムの全貌を見渡す機会となればと考えております。ぜひ御聴講ください。

開催概要(クリックすると非表示にできます。再度クリックすると表示されます)
開催日時 2018年12月5日(水) 13:30~
会  場 回路会館 地下会議室
JR中央線西荻窪駅下車徒歩約7分
〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-12-2  TEL.03-5310-2010
アクセス
テーマ 「自動車の電動化:制御システムの動向とEV開発事例」
プログラム
13:00~受付

13:30~14:15
  「デンソーにおける車両の電動化技術」
    株式会社デンソー 機械・エネルギ開発部電源システム開発室 室長 大木島 俊 氏

<講演概要>
最近の車社会の動向から、デンソーの電動化の取り組み事例のご紹介と、最後に電子部品への期待をお話させて頂く予定です。

14:20~15:05
  「EVモータ・インバータ用有機系材料の課題と市場動向」
    有限会社カワサキテクノリサーチ 代表取締役 川崎 徹 氏

<講演概要>
自動車の電動化は驚くほど速く、関係する有機材料の研究開発も待ったなしの状況である。本報告では直近にまとめた当該分野の調査レポートを踏まえて、モータ・インバータの機電一体化と材料的課題などに迫ってみたい。

(休憩)

15:20~16:05
  「車載用リチウムイオン電池市場動向」
    株式会社矢野経済研究所 インダストリアルテクノロジーユニット  田中 善章 氏

<講演概要>
各国の規制強化と各種xEV優遇策等を受け、中国、欧州を中心にxEV市場は拡大基調にある。一方、同市場を取り巻く環境は各国の政策、電池性能や価格、各自動車メーカの動き等、様々な変数を内包しており、市場展望についても様々な見解が交差する状況にある。本講演ではxEV市場、車載用リチウムイオン電池市場の現状、並びに今後の展望について紹介する。

16:10~16:55
  「世界初バッテリーレスEV走行実証」
    豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 電気・電子情報工学系 教授 大平 孝 氏

<講演概要>
電気自動車へのワイヤレス給電の開発例が各方面から報告されている。その多くは「停車中」車両へのバッテリー充電である。停車中の充電をいくらワイヤレス化しても電気自動車が抱えているバッテリー問題の解決にはならない。
例えば東京から大阪までドライブすることを考える。ガソリン車なら1回の満タン給油で走行可能である。給油に必要な時間はガソリンスタンドで3分程度である。これと同じことをEVで行うには約100kWhのエネルギを充電することになる。100kWhを3分間で充電するには理論的に100 kWh × 60 ÷ 3 = 2 MW すなわちメガワット級の大電力急速充電(1000Vで2000A)が必要ということになる。これでは送電設備もさることながら車側の受電配線系も尋常な重量でなくなる。すなわち接触非接触に関わらず停車中の充電を前提とした方式では、たとえ高性能電池が開発されたとしても、本質的にEVの問題解決とならない。問題解決のブレークスルーとして「走行中」給電が期待される。しかるに現状では、走行中給電の実験例はほとんど報告されていない。その理由は、停車中充電と走行中給電で求められる技術レベルに格段の差があるからである。本講演では世界で初めて成功したワイヤレス給電走行実証を紹介する。

技術交流会 (17:10~18:15頃)

※プログラムは変更になることがあります。ご了承ください。

定  員 100名(先着申込順 定員になり次第締切ます)
参 加 費 (テキスト代、 消費税込み) 

正会員: 5,000円
学生会員: 1,000円
シニア会員: 2,000円
名誉会員: 無料
賛助会員の社員: 5,000円
賛助会員の社員(クーポン使用): 無料(注)
非会員一般: 10,000円
非会員学生: 2,000円

注:クーポン(賛助会員向け)は1口1枚まで利用可能です。
  申し込み時にクーポン番号を記入しないと、利用できません。
  必要事項をご記入の上、ご持参ください。
* 参加費は当日会場受付にてお支払いください。現金でのお支払いをお願いいたします。
  (釣り銭のないようにお願いします)
* 事務処理の簡素化のため、事前の請求書発行を行っておりませんので、
  ご理解とご協力をお願いします。

問い合わせ先 E-mail:car_ele_uketsuke\jiep.or.jp
(メールアドレスは\を@に置き換えてください)
*** 参加申込は締め切りました ***



PAGETOP
Copyright © エレクトロニクス実装学会 All Rights Reserved.