(TC21)インテリジェント実装技術研究会「2019年度 第1回 公開研究会」(2019年11月27日13:30~於回路会館)


インテリジェント実装技術研究会 2019年度第1回公開研究会『Deep Learningだけではない-実用期を迎えたAI-』

インテリジェント実装技術研究会

◆ご案内

AIは永遠の春に入った,AIでできることとできないことが見えてきた,Deep Learningが人の能力を超えた分野もある,と一時期の異常な盛り上がりを経て,日本が得意なものづくりにAIが浸透し,実用化されつつあります.ただし,すべてがDeep Learningというわけではなく,他のAI技術も使用され始めています.同時に,サーバだけではなくエッジでAIを実行するためのデバイスの研究開発と製品化も急速に進んでいます.
本公開研究会では,機械学習はDeep Learningだけではないということ,およびいくつかの実応用例を示して課題と実績をご紹介する企画を行いました.ぜひ,皆様方のご参加をお願いします.

開催概要(クリックすると非表示にできます。再度クリックすると表示されます)
開催日時 2019年11月27日 13:30~17:30(13:00受付開始)
会  場 エレクトロニクス実装学会・回路会館
〒167-0042 杉並区西荻北3-12-2 TEL.03-5310-2010
アクセス
テーマ 「Deep Learningだけではない-実用期を迎えたAI-」
プログラム

(1)13:30~14:00 30分間
「屋内生活音の自己組織化マップとその利用 ~異常候補検出の試み~」
  田中 元志(秋田大学)

教師なし学習の一つである自己組織化マップ(SOM)とその利用例について紹介する。利用例では,独居生活者の家庭内での異常(事故など)の検出を目的に,屋内で広帯域マイクロフォンを用いて収録した生活活動音のSOMを求め,異常候補の検出を試みた結果について紹介する.

(2)14:00~14:40 40分間
「自己組織化マップ(SOM)の基礎とそのFPGAによるハードウェア実装」
  安永 守利(筑波大学大学院)

自己組織化マップ(SOM: Self-Organizing Map)は,Deep Learningと同様に脳をモデルとしたAIの一つである.一方SOMは,Deep Learningと異なり,“教師無し学習”や“学習結果の可視化”といった特徴を持つ.本講演では,はじめに,SOMの基本的なアルゴリズムとその特徴を解説する.また,SOMもDeep Learningと同様,学習に多くの計算時間を要する.本講演の後半では,FPGAを用いたSOMの専用ハードウェア化の一例を示し,高速化設計とFPGA実装の手法を紹介する.

(3)14:40~15:20 40分間
「三菱電機におけるAI技術/Maisartの取組み紹介」(配付資料なし)
  平井 規郎 (三菱電機(株))

近年,様々な分野においてビッグデータを収集し,AI技術を活用する意欲が高まってきている.そこで,「AI」とは何かを,最近の動向等を交えて解説するとともに,三菱電機が取組むAI技術「Maisart」についてご紹介する.

15:20~15:40 休憩

(4)15:40~16:20 40分間
「富士通研究所のAI技術と説明可能なAIのご紹介」
  石田 勉 ((株)富士通研究所)

AIの社会実装が急速に進む中,特に医療などのミッションクリティカルな現場においてAIのブラックボックス化が大きな問題となっています.富士通ではこの問題にいち早く取り組んでおり,AIが下した判断の理由や根拠を説明する技術を開発してきました.今回の講演では,富士通の先進技術の概要と,いくつかの先進的な活用事例をご紹介致します.

(5)16:20-17:20
「自動運転におけるAI,画像認識から制御まで」
  クライソン トロンナムチャイ (神奈川工科大学)

近年,画像認識に優れた性能を発揮するCNN(畳み込みニューラルネットワーク)やロボットの制御に適した強化学習などのAI技術を自動運転に応用する研究開発が盛んに進められている.本講演では自動運転の概要や使用されている各種センサについて簡単に紹介し,AI技術の自動運転への応用を解説する.

申込期限 2019年11月25日
定  員 100名(先着申込順 定員になり次第締切ます)
参 加 費 (消費税込み) 


正会員: 5,000円
学生会員: 1,000円
シニア会員: 2,000円
名誉会員: 無料
賛助会員の社員: 5,000円
賛助会員の社員(クーポン使用): 無料(注)
協賛団体: 5,000円
非会員一般: 10,000円
非会員学生: 2,000円

注:クーポン(賛助会員向け)は1口1枚まで利用可能です。
  申し込み時にクーポン番号を記入しないと、利用できません。
  必要事項をご記入の上、ご持参ください。
* 参加費は当日会場受付にてお支払いください。現金でのお支払いをお願いいたします。
  (釣り銭のないようにお願いします)
* 事務処理の簡素化のため、事前の請求書発行を行っておりませんので、
  ご理解とご協力をお願いします。

問い合わせ先 E-mail:intelli_uketsuke\jiep.or.jp
(メールアドレスは\を@に置き換えてください)

インテリジェント実装技術研究会 公開研究会 参加申込みフォーム

注意事項

  • 公開研究会の参加申込みフォームです
  • 複数人にて応募する場合は1件ずつ登録ください
  • 定員になり次第、応募を締め切ります
  • (必須)は必須項目です。入力しないと送信できません

* メールアドレス入力ミスで、返信(受付完了)メールが不達になることが頻発しています。
  入力後の再確認をお願いいたします。

  1. 参加者情報
  2. 申込内容
  3. お支払い

参加者情報の入力


氏名必須
カナ氏名必須
学校/会社必須
部署名
電話番号必須
メールアドレス必須
(確認用)メールアドレス必須
※上記と同じメールアドレスを入力ください
  1. 参加者情報
  2. 申込内容
  3. お支払い

申込内容の選択(参加資格等)


参加資格必須

※この機に当学会に入会される方は、入会申込のページ
から手続きの上、会員料金で申込みください。
会員番号欄には「入会手続き中」とお書きください。
会員番号
注:会員で申し込んだ方は必須です。
この機に当学会に入会される方は、会員番号欄には
「入会手続き中」とお書きください。
協賛団体名
注:参加資格で「協賛団体」を選択した方は必須です。
クーポン番号

注:参加資格で「賛助会員クーポン使用」を選択した方は必須です。
クーポンは1枚まで使用可能です。当日クーポンを持参ください。

  1. 参加者情報
  2. 申込内容
  3. お支払い

支払い方法・書類について

支払い方法 当日現金支払い
※参加費は当日会場受付にて、現金にてお支払い願います。
釣り銭のないようご用意願います
書類に関する連絡事項がありましたら、備考欄に記載ください。

その他

備考
※連絡事項等ありましたらご記入ください
今後の案内を受信したい場合は選択してください。

※送信ボタンをクリックすると確認画面表示なしに送信されます。入力項目に誤りが無いかご確認のうえ下記のボックスにチェックをしてください

内容を確認しました。




※[送信]をクリックすると申し込みが完了し、ご入力いただいたメールアドレスに確認メールが送信されます。
 送信完了画面が表示されるまで、少し時間がかかります。そのままお待ちください。
 受付完了のメール文をプリントアウトして当日お持ちください。

PAGETOP
Copyright © エレクトロニクス実装学会 All Rights Reserved.