(TC14)バウンダリスキャン研究会 第3回公開研究会(2020年12月3日13:30~WEB開催)


バウンダリスキャン研究会 第3回公開研究会

バウンダリスキャン研究会

開催概要

 バウンダリスキャン研究会は、日本でのバウンダリスキャンの普及と研究会参加メンバーの技術力向上を目指して発足しました。この度、多くの方にバウンダリスキャンを知って頂きたく、第3回バウンダリスキャン公開研究会をオンラインで開催します。
 今回は特別講演として、元鉄道総研理事長の秋田 雄志 様をお迎えして、日本の鉄道事業の現状を総括し、激甚化する自然災害への対応、新幹線のさらなる速度向上など最新の鉄道技術についてご紹介頂きます。
 一般講演では、スパコン「富岳」を製造した(株)富士通ITプロダクツの勢登 健志 様より、富士通サーバの高品質とコスト抑止に向けたバウンダリスキャンなどテスト容易化設計の適用事例をご紹介頂きます。また(株)エスペックの今堀 翔也 様よりバウンダリスキャンの応用事例としてHALT(高加速限界試験)と組み合わせたBGAパッケージの接合評価についてご紹介頂きます。
 本公開研究会では、バウンダリスキャンを詳しく知らない方のために、「いまさら聞けないバウンダリスキャン」という講演も行いますので、皆さま奮ってご参加をお願いします。

開催概要(クリックすると非表示にできます。再度クリックすると表示されます)
開催日時 2020年12月3日 13:30~17:00
開催方式 WEB公開研究会(Zoom Webinarシステム利用)
※参加URLとID、PW等の聴講情報は、原則3日前までにをJIEP-WEBシステムよりメール致します。
プログラム
13:10 Zoomログイン開始

13:30 開催挨拶 亀山修一 (研究会主査)

13:35  <特別講演>
 「より安全・高品質な鉄道を目指して」
  ―鉄道技術・システムのこれまで、これから―
    (元)鉄道総合技術研究所理事長 秋田 雄志 様

日本の鉄道事業の現状や事故実績を概括し、これからの鉄道の目指す方向と、激甚化する自然災害への対応、新幹線のさらなる速度向上、地球環境親和性の向上、列車運転の自動化、メンテナンスへのデジタル技術適用、シミュレーション手法等の技術的な課題への取り組みを紹介します。

14:35
 「いまさら聞けないバウンダリスキャン」
   バウンダリスキャン研究会 亀山 修一

バウンダリスキャンという言葉は知っているが、何なのか何の役に立つのか実はよく分かっていない、という方のためにやさしくバウンダリスキャンを解説します。

15:05 休憩

15:15
 「富士通サーバの試験戦略」
  ~試験容易化設計で高品質とコスト抑止を両立~
   (株)富士通ITプロダクツ 勢登 健志 様

サーバは要求される品質を確保するため多くの試験を実施し、コスト高になることが一般的です。高品質とコスト抑止に向けたバウンダリスキャンなど試験容易化設計の富士通サーバへの適用事例を紹介します。

   
16:00
 「BGA実装基板の信頼性評価」
  ~バウンダリスキャンとHALT(高加速限界試験)の組合せによるBGA接合評価~
   エスペック(株) 今堀 翔也 様

小型化・高密度実装された基板の増加に伴い、BGAパッケージの部品実装不良が増えています。信頼性評価において、バウンダリスキャン活用の一例として、HALTとの組合せによるBGAパッケージの接合評価について紹介します。

16:45 総合質問

17:00 閉会

※プログラムは変更になることがあります。ご了承ください。

定  員 300名(先着申込順 定員になり次第締め切ります)
参 加 費 (消費税込み) 

正会員: 5,000円
学生会員: 1,000円
研究会委員: 別払い
シニア会員: 2,000円
名誉会員: 無料
賛助会員の社員: 5,000円
賛助会員の社員
(クーポン使用):
無料
非会員一般: 10,000円
非会員学生: 2,000円

会員登録(下記URLから会員申し込みが可能です。)
https://web.jiep.or.jp/admission/adm-guide.html

問い合わせ先 エレクトロニクス実装学会 事務局
E-mail:boundaryscan_uketsuke\jiep.or.jp
(メールアドレスは\を@に置き換えてください)

バウンダリスキャン研究会 公開研究会 参加申込みフォーム

注意事項

  • 公開研究会の参加申込みフォームです
  • 複数人にて応募する場合は1件ずつ登録ください
  • 申込締切期間内でも、定員になり次第応募を締め切ります
  • (必須)は必須項目です。入力しないと送信できません

【WEBセミナーでは以下について、ご注意お願いします】

  • 講演やセミナー、スピーチなども著作物となります。(録画、録音、撮影は著作権侵害に当たります)
  • 登壇者(話者)に無断で配信することは公衆送信権の侵害となります。
  • 非営利目的の配信でも損害賠償責任を負うことがあります。
  1. 参加者情報
  2. 申込内容
  3. お支払い

参加者情報の入力


氏名必須
カナ氏名必須
学校/会社必須
部署名
電話番号必須
メールアドレス必須
(確認用)メールアドレス必須
※上記と同じメールアドレスを入力ください
  1. 参加者情報
  2. 申込内容
  3. お支払い

申込内容の選択(参加資格・交流会等)


参加資格必須

※この機に当学会に入会される方は、入会申込のページ
から手続きの上、会員料金で申込みください。
会員番号欄には「入会手続き中」とお書きください。
キャンセルポリシー必須
お申込み後のキャンセルはできませんので、了承願います。
キャンセルポリシーに同意する。
申込について必須 録画、録音、撮影禁止に同意します。
会員番号
注:会員で申し込んだ方は必須です。
この機に当学会に入会される方は、会員番号欄には
「入会手続き中」とお書きください。
クーポン番号

注:参加資格で「賛助会員クーポン使用」を選択した方は必須です。
クーポンは1枚まで使用可能です。
*使用済クーポンについては、お手数ですが、破棄願います。

  1. 参加者情報
  2. 申込内容
  3. お支払い

支払い方法・書類について

支払い方法 請求書確認後、銀行振込にて
※参加費の請求書URLを、申込完了メールに記載しております。
※名誉会員、クーポン使用の方にも、0円の請求書が発行されますが、保存・出力頂かなくて結構です。
※お申込み後のキャンセルはできません。
請求書宛名必須

連絡先

郵便番号
(半角)
必須
ご住所
必須
  ビル名・階数
  会社/学校等
  建屋、フロア等
  部署
氏名
必須






その他

備考
※連絡事項等ありましたらご記入ください
今後の案内を受信したい場合は選択ください。

※送信ボタンをクリックすると確認画面表示なしに送信されます。入力項目に誤りが無いかご確認のうえ下記のボックスにチェックをしてください

内容を確認しました。



※[送信]をクリックすると申し込みが完了し、ご入力いただいたメールアドレスに確認メールが送信されます。
 送信完了画面が表示されるまで、少し時間がかかります。そのままお待ちください。

PAGETOP
Copyright © エレクトロニクス実装学会 All Rights Reserved.