【研究会設置の主旨】
 EMCシミュレーションは広く普及しつつあり、さまざまな場面で使われるようになってきている。また、学会発表などにおいてもEMCシミュレーションに関するものが非常に多くなってきている。このようにEMCシミュレーション技術はEMC設計にとって必要不可欠なものになりつつある。しかしながら、EMCシミュレーションを使いこなすためには様々な知識が必要であり、また多くのモデルにおいてシミュレーションを行い、その結果を正しく把握するという経験が重要である。そのためには、基本的なモデルを作成して、基本的な機構や現象、低減方法などを理解する必要があると考えられる。
 このような趣旨から、現在まで4年半に渡りEMCモデル検討研究会において活動し、様々な議論を重ねて、いくつかの基本的モデルの作成、解析を行ってきた。本研究会ではこの成果をふまえ、さらに多くのモデルについて検討をしていこうと考えている。また、モデルの公開方法、実験との比較に関する議論や、イミュニティシミュレーションなどの新しい技術についても議論してゆく。

【活動計画】
 主査渋谷昇(拓大),幹事藤尾昇平(日本IBM),奈良茂夫(富士ゼロックス)、 高橋丈博(拓大)及び約20名のメンバーにより,2カ月に一回程度研究会を開催し
1)電磁特性シミュレーションに関する解析モデルの検討
2)シミュレーションに関する調査や、勉強会の開催を行なっている。研究調査の成果は報告書や各種研究会などでの発表を通して公表している。
 電磁ノイズシミュレーションに関して共通のモデルを作成し、参加者の検討結果についての様々な議論を通して、知識の獲得や情報交換を行なっています。モデルの作成や計算結果の検討に興味のある方は是非参加して下さい。

【連絡先】
高橋 丈博(幹事)拓殖大学 工学部情報工学科 
〒193-0985 東京都八王子市館町815-1
TEL: 0426-65-8519 FAX: 0426-65-1519,
E-Mail: take@cs.takushoku-u.ac.jp
HP: http://www.e-jisso.jp/


  戻る